土佐打刃物の鍛造所見学に行ってきました  (*・ω・)ノ ルンルン♪

機会があって、土佐山田にある土佐打刃物の鍛造所「尾田刃物製作所」さんに見学に行ってきました(*・ω・)ノ ルンルン♪

作業場に近づくにつれて「ガンガン」と規則正しく打ち付けている音が聞こえてきました。我々を出迎えてくれた鍛冶職人の尾田さん。今回の見学のために、この写真のような細い鋼の棒と、鉄の棒から形作っていく作業工程を見せてくれるとのこと。

まずは火で鉄と鋼を火床(ほくぼ)で熱していきます。遠巻きに見学している私達のところでも結構熱い。。。夏場の作業の大変さが想像に難くないです。ちなみに火床にはいっている少し太めの棒が鉄。

鉄と鋼それぞれを熱してはうって強くしていきます。そしてホウ酸・鉄粉・鉄くずをまぜた接着剤で鉄と鋼をくっつけていきます(くっつけるために、熱してはまたうっていくという作業を繰り返します)。

そうして鍛造した鋼の先端部分を切り落とし、そして形を整えていく作業にはいっていきます。だんだん取っ手らしき部分もできてきてらしくなりましたね。機械ハンマー左横にあるのはサイズをはかるための道具らしいですが、つくるものによって刃渡りや取っ手の幅が異なるのでそれで図っているそうです。長年の経験から一発で合わさるというところがさすが職人さん!

☝ これが幅をはかるための道具。丸い穴は取っ手の幅をはかる部分。

整形がある程度できたところで、今度は機械のハンマー部分を交換。全体的に均一的に鍛造・整形する作業から、今度は刃物の刃の部分をうちだすため作業をすることから、ちょっと底が斜めになっているハンマー!?

また何度か打ち付けていくことによって、刃物らしい刃物の形になりました。

ということで見学はここまで!

この後の作業としては、研磨仕上げ→焼き入れ→刃付け→バフ磨きというものがありそれらを行うことによって最終的な形は以下の写真のような鉈になる予定です。

香美市は土佐山田周辺には以前、たくさんの土佐打刃物を作っている刃物製作所や鍛造所があったそうです。ほかの伝統作業と同様、後継者不足や人々のライフスタイルの変化、土佐打刃物の発展するきっかけとなった林業や農作業の機械化に伴って、残念ながら数が減ってきてしまっているのが現状です。

ただ、今いらっしゃる職人さんたちも、昔ながらのものをつくるだけではなく、いろいろと工夫をされてこの土佐打刃物の伝統技術を残していこうとされています。より多くの方に手に取っていただき、需要を生み出すことでこうした技術が残っていくことを願ってやみません。

☝ ちなみに尾田さんが作られた燭台。平成19年度全国伝統的工芸品公募展「見て使って楽しむ刃物類」で入選された作品だそうです。

今後、見学の受け入れについては要相談とのこと。まずは職人さんがつくりあげる伝統工芸の土佐打刃物の使い勝手をご自分で試してみてはいかがでしょう?

シェアする

香美市観光協会をフォローして最新NEWSを受け取る。